スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

優しい空白 

自由は不自由を感じることで
はじめて成立する

飛べる空は限られているから
風の心地よさを感じる

宇宙の構造なんて知らなくても
僕らは夜空を彩る光りが何よりも
綺麗だということを知っている

緩やかな鎖に繋がれて
見渡せる世界の領域こそが
この世界の全てだった

けれど、そんな世界の色彩は
歳月を重ねるにつれて
目眩がするほど、明るくなって
知りすぎるほど、窮屈になって

空白だけが愛しさを持つようになった
空白だけが優しさを持つようになった

人生の中で様々に色づいた色彩を
また空白へと戻す作業・・

この世界で美しいものは空白だけだった





スポンサーサイト

理由 

理由が必要になった。

何をするにも
理由が必要になった。

「生きること」にも、理由を探した。
「悲しむこと」にも、理由を探した。

心ではなく、頭で生きていた。
心は何も、導いてはくれなかった。

「未来」にも、理由を探した。
「今」にも、理由を探した。

「笑顔」ひとつ作るのも、理由を探した。
「涙」ひとつ流すのにも、理由を探した。

「死ぬこと」にも、理由を探した。

何をするにも
理由が必要になった。

答えなどないものばかりを
追いかけていた。

ただ、「詩を書く」理由は
分かっていた。

それが「愚かな自分を自分で確かめるため」
だと言うことを
僕は分かっていた。




月の揺らめき 

浅い月の揺らめき

望まれないものばかりの
満たされないものばかりの

朝ではない時

昼でもない時

手の平いっぱいに転がるのは
愛と悦び以外の感情

何億何兆の星がある中で
月だけが輝いている空

こぼれる溜息を
風は吹き荒れるまま
さらっていく

向かうべき場所などない。
生も死も廃れた選択肢ばかり

涙を拭いた指先で
月の円形をなぞっていた

けして、光に包まれることなどない夜の中で
月は揺らめきながら何を想う?






死を想い 

死を想っていました

世界の外側の光は
天体なのか、天国の灯りなのか

それらはどんな表情で
こんな地上を照らしているのだろうか

死を想っていました

いじわるな指先で
切りつけた血の色は
けして「死」ではなかったね

心を捨て去ることは出来ない、と
それは誰もが知っている

死を想っていました

風景の一部であったものが
ある瞬間に世界から消えていく

僕は、誰かの風景の一部で在ったのだろうか

僕は、世界の一部で在ったのだろうか

それすらも不確かな
存在という悲しい証明

世界の外側の光は
天体なのか、天国の灯りなのか




孤独 

生きるという孤独があって
死ぬという孤独があって

どちらの孤独も
はかりに掛ける事など出来ないほどに
寂しいものだけれど

この世界の中でそれら「孤独」を
感じないでいられる場所など
存在しないということを
あなたは知っているかい?

長い眠りから覚めたように
僕は受け入れるべき「孤独」を
探していた。



言葉 

言葉は僕が出会った最初の表現で
言葉は僕が出会った最初の世界で
言葉は僕が出会った最初の繋がりで

スキップの仕方を覚えるずっと前から
自転車の乗り方を覚えるずっと前から
算数の数式を覚えるずっと前から
タバコの吸い方を覚えるずっと前から

気付けば言葉は
僕の周りに在って
言葉は沢山のものを与えてくれて
時が成長していく中で
それは様々に形や色を変えていったけれど
その言葉のはじまりは
あまりにも綺麗で

言葉は僕が出会った最初の優しさで
言葉は僕が出会った最初の悦びで
言葉は僕が出会った最初の愛で

はじまりの言葉は
あんなにも綺麗だったのに
汚れた言葉しか思い浮かばない今は
悲しみしか語れない今は

変わってしまった言葉たちを想って
ただ、涙を流すしかなかった。

ゴミ屑のように
散らかるだけの言葉を抱いて

今日ほど愛を詠いたいと
願った日はなかった。

今日ほど愛を詠いたいと
願った日はなかった。





月灯りの跡 


月の灯りに見え隠れするそれは
戦い疲れた日々の残影

眠りの奪われた長い夜に
荒れ果てた海原を
溺れるまで追いかけていた
かつての痛みが、窮屈に疼く

落ち葉が揺らめくように
一つ一つ真実が散った世界
肩を落として
切なく差し込む月灯り

やがて新しい太陽が
夜空に弧を描いていくように
次の世界は
また始まりを迎える



夜と朝の隙間に見える空の色彩は
静かな孤独を描いている

止まったような世界の中で
確実に近づいてくる朝の気配

はじまる朝と
消えてゆく夜と
疲れ、弱った心だけが
永遠のように ここにある

ただ永遠のように ここにある

季節も、言葉も、汚れすらも
全てを洗い流すように

この静かな孤独の中で
夜と朝の隙間にある永遠の中で

ただ、ここで・・

心は死んだのか

心は死んだのか

心は死んだのか

たったわずかな瞬間が
永遠にも似た時間の流れで
空白に過ぎて行きます



空は加速し
日々は色褪せて
眠っていた花達は
汚れない笑顔で風に揺れる

悲しみと呼ばれたいくつかの想いは
雲の一部のように
青空の片隅で漂うだけになり
小さな傷跡は 季節の中で乾いては
そっと消えてゆくだろう

世界の全ては忘却の中で
その存在の意味を無くし

語り継がれない誰かの悲しみも
語り継がれない誰かの想いも
旅の終わりになれば
穏やかに風化して

憂鬱だった心は
静かに落ち着きを取り戻す

この短い腕の長さで届くくらいの
身近な人だけを想い
このわずかな声で伝えられるくらいの
愛の言葉で

人を、未来を、願う

季節は変わり 時代は過ぎて
空は流れて






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。